ピグノウズちゃんねる

    東京中野にある小さなライブスペースから音楽ライブを世界に発信!

        • 活動
        • ボーカルえとうゆかこ&ピアノ中村真

          初顔合わせのデュオ。

          豊かな歌声でジャズやラテンを歌う えとうゆかこと
          それを支えながらも美しい主張あるピアニスト中村真

          どうぞごらんくださいませ

          関連情報https://www.facebook.com/mizuhology/live/

        • 猫パンチ@ナカノピグノウズ

          皆さまいらしてくださってありがとうございます!

          旅猫油団の歌姫ユッキーと西やん
          のデュオ「猫パンチ」の配信ライブでーす。
          旅猫油団のオリジナル曲や西やん、ユッキーの唄など盛りだくさんで演奏します。

          19:30~ 2ステージ
          ワンステージ毎に¥500~おねがいします♡

          関連情報https://www.facebook.com/mizuhology/live/

        • four o'clockセッション

          ナンブユウキ(鍵盤等,船頭)
          山口廣和(gt)
          小山田和正(dr,perc)

          日時:2020年08月17日(月) 開場:18:30 / 開始:19:15
          (都の要請により22:00閉店)

          料金
          投げ銭(最低金額¥1000〜)
          お通し+300円
          1ドリンク800円
          2ドリンク1000円
          5ドリンク2000円
          時節柄人数制限がございます。参加希望の方はお店かナンブまでご一報、ご予約頂けましたら幸いです。満員の場合はご入場いただけない場合がございます。
          ピアニスト ナンブユウキのリーダープロジェクトユニットfour o'clock
          今回は大活躍のドラマー 小山田和正に、ギターの鬼才山口廣和を迎えたトリオ編成でピグノウズに登場します!

          本イベントは2つの軸で構成します。

          ・ナンブユウキの独自の世界観を持つオリジナル曲による演奏/ジャム(譜面は出来るだけ用意します)
          ・一からその場で作曲とアレンジを譜面無しで行う実験的ジャム

          上記、最初はバンドで演奏、リードしますが、ご希望の方は演奏に参加可能です。ナンブがナビゲーションします。その場で都度ご相談ください。(今回、普通のスタンダード曲などはあえて演奏しない方針ですので、一応ご注意ください)

          ナンブが色々な事を度外視して好き勝手をやる場所を探している、というのに率先して声をかけてくれたピグノウズのおかげで、急遽催行する事になったこのイベント。

          ナンブユウキのサウンドイメージを反映するジャムセッション/ワークショップ的な一夜。
          新しいサウンドを探求する旅、そこで音が生まれる瞬間を、是非ご一緒致しましょう。

          出演者紹介:
          ナンブユウキ (鍵盤, 船頭)

          東京都在住のミュージシャン、ピアニスト

          ブラジル音楽、ロック、ポップ、ジャズ、R&Bやヒップホップ、電子音楽、即興、民族音楽などに取り組みながら、オリジナルを作曲し、ソロピアノやバンドで演奏。

          アコースティックピアノの演奏の他、ベーシストも兼ねた、キーボード/オルガン的スタイルでの演奏や、MPCなどのサンプラーを用いた演奏や楽曲制作も行っている。

          出身は宮城県。家族は仙台で歌声の店バラライカを営んでいる。

          リーダーユニット

          four o ‘clock(越野振人 小山田和正 他、自由編成)
          flowers(トオイダイスケ 平瀬祐人)
          Organ trio(石井信義 平瀬祐人)

          参加ユニット/バンド/共演等

          Good evening(David Whitaker)
          Jazz klaxon(渡辺智幸 アルバムFirst Klaxonに参加 ※2017 10/8 卒業)
          Soory aur Haath(渡部優美 )
          Tofu-mental(トーフ)
          Isla y mar(菅沼聖隆 渡部優美 トーフ)
          田中光(※アルバム Echo Chamberに参加)
          Political Sicence(鈴木りゅうた)
          Edogawa Echos (Samm Bennet トーフ 戸谷仁)

          webpage:http://blog.livedoor.jp/comadoriexpress/


          山口廣和 (ギター)

          Guitarist / Composer

          東京都出身(1981年10月生)

          15歳でギターをはじめ、次第にジャズに傾倒。
          大学卒業後、独学で理論を身につけながら各地で演奏活動を開始。

          2011年、単身で渡米しニューヨークにて様々なミュージシャンと共演。現地で演奏するなかで、彼らがもつトーンに魅せられ、自身も力感に溢れる音色を習得した

        • four o'clockセッション

          ナンブユウキ(鍵盤等,船頭)
          山口廣和(gt)
          小山田和正(dr,perc)

          日時:2020年08月17日(月) 開場:18:30 / 開始:19:15
          (都の要請により22:00閉店)

          料金
          投げ銭(最低金額¥1000〜)
          お通し+300円
          1ドリンク800円
          2ドリンク1000円
          5ドリンク2000円
          時節柄人数制限がございます。参加希望の方はお店かナンブまでご一報、ご予約頂けましたら幸いです。満員の場合はご入場いただけない場合がございます。
          ピアニスト ナンブユウキのリーダープロジェクトユニットfour o'clock
          今回は大活躍のドラマー 小山田和正に、ギターの鬼才山口廣和を迎えたトリオ編成でピグノウズに登場します!

          本イベントは2つの軸で構成します。

          ・ナンブユウキの独自の世界観を持つオリジナル曲による演奏/ジャム(譜面は出来るだけ用意します)
          ・一からその場で作曲とアレンジを譜面無しで行う実験的ジャム

          上記、最初はバンドで演奏、リードしますが、ご希望の方は演奏に参加可能です。ナンブがナビゲーションします。その場で都度ご相談ください。(今回、普通のスタンダード曲などはあえて演奏しない方針ですので、一応ご注意ください)

          ナンブが色々な事を度外視して好き勝手をやる場所を探している、というのに率先して声をかけてくれたピグノウズのおかげで、急遽催行する事になったこのイベント。

          ナンブユウキのサウンドイメージを反映するジャムセッション/ワークショップ的な一夜。
          新しいサウンドを探求する旅、そこで音が生まれる瞬間を、是非ご一緒致しましょう。

          出演者紹介:
          ナンブユウキ (鍵盤, 船頭)

          東京都在住のミュージシャン、ピアニスト

          ブラジル音楽、ロック、ポップ、ジャズ、R&Bやヒップホップ、電子音楽、即興、民族音楽などに取り組みながら、オリジナルを作曲し、ソロピアノやバンドで演奏。

          アコースティックピアノの演奏の他、ベーシストも兼ねた、キーボード/オルガン的スタイルでの演奏や、MPCなどのサンプラーを用いた演奏や楽曲制作も行っている。

          出身は宮城県。家族は仙台で歌声の店バラライカを営んでいる。

          リーダーユニット

          four o ‘clock(越野振人 小山田和正 他、自由編成)
          flowers(トオイダイスケ 平瀬祐人)
          Organ trio(石井信義 平瀬祐人)

          参加ユニット/バンド/共演等

          Good evening(David Whitaker)
          Jazz klaxon(渡辺智幸 アルバムFirst Klaxonに参加 ※2017 10/8 卒業)
          Soory aur Haath(渡部優美 )
          Tofu-mental(トーフ)
          Isla y mar(菅沼聖隆 渡部優美 トーフ)
          田中光(※アルバム Echo Chamberに参加)
          Political Sicence(鈴木りゅうた)
          Edogawa Echos (Samm Bennet トーフ 戸谷仁)

          webpage:http://blog.livedoor.jp/comadoriexpress/


          山口廣和 (ギター)

          Guitarist / Composer

          東京都出身(1981年10月生)

          15歳でギターをはじめ、次第にジャズに傾倒。
          大学卒業後、独学で理論を身につけながら各地で演奏活動を開始。

          2011年、単身で渡米しニューヨークにて様々なミュージシャンと共演。現地で演奏するなかで、彼らがもつトーンに魅せられ、自身も力感に溢れる音色を習得した

        • four o'clockセッション

          ナンブユウキ(鍵盤等,船頭)
          山口廣和(gt)
          小山田和正(dr,perc)

          日時:2020年08月17日(月) 開場:18:30 / 開始:19:15
          (都の要請により22:00閉店)

          料金
          投げ銭(最低金額¥1000〜)
          お通し+300円
          1ドリンク800円
          2ドリンク1000円
          5ドリンク2000円
          時節柄人数制限がございます。参加希望の方はお店かナンブまでご一報、ご予約頂けましたら幸いです。満員の場合はご入場いただけない場合がございます。
          ピアニスト ナンブユウキのリーダープロジェクトユニットfour o'clock
          今回は大活躍のドラマー 小山田和正に、ギターの鬼才山口廣和を迎えたトリオ編成でピグノウズに登場します!

          本イベントは2つの軸で構成します。

          ・ナンブユウキの独自の世界観を持つオリジナル曲による演奏/ジャム(譜面は出来るだけ用意します)
          ・一からその場で作曲とアレンジを譜面無しで行う実験的ジャム

          上記、最初はバンドで演奏、リードしますが、ご希望の方は演奏に参加可能です。ナンブがナビゲーションします。その場で都度ご相談ください。(今回、普通のスタンダード曲などはあえて演奏しない方針ですので、一応ご注意ください)

          ナンブが色々な事を度外視して好き勝手をやる場所を探している、というのに率先して声をかけてくれたピグノウズのおかげで、急遽催行する事になったこのイベント。

          ナンブユウキのサウンドイメージを反映するジャムセッション/ワークショップ的な一夜。
          新しいサウンドを探求する旅、そこで音が生まれる瞬間を、是非ご一緒致しましょう。

          出演者紹介:
          ナンブユウキ (鍵盤, 船頭)

          東京都在住のミュージシャン、ピアニスト

          ブラジル音楽、ロック、ポップ、ジャズ、R&Bやヒップホップ、電子音楽、即興、民族音楽などに取り組みながら、オリジナルを作曲し、ソロピアノやバンドで演奏。

          アコースティックピアノの演奏の他、ベーシストも兼ねた、キーボード/オルガン的スタイルでの演奏や、MPCなどのサンプラーを用いた演奏や楽曲制作も行っている。

          出身は宮城県。家族は仙台で歌声の店バラライカを営んでいる。

          リーダーユニット

          four o ‘clock(越野振人 小山田和正 他、自由編成)
          flowers(トオイダイスケ 平瀬祐人)
          Organ trio(石井信義 平瀬祐人)

          参加ユニット/バンド/共演等

          Good evening(David Whitaker)
          Jazz klaxon(渡辺智幸 アルバムFirst Klaxonに参加 ※2017 10/8 卒業)
          Soory aur Haath(渡部優美 )
          Tofu-mental(トーフ)
          Isla y mar(菅沼聖隆 渡部優美 トーフ)
          田中光(※アルバム Echo Chamberに参加)
          Political Sicence(鈴木りゅうた)
          Edogawa Echos (Samm Bennet トーフ 戸谷仁)

          webpage:http://blog.livedoor.jp/comadoriexpress/


          山口廣和 (ギター)

          Guitarist / Composer

          東京都出身(1981年10月生)

          15歳でギターをはじめ、次第にジャズに傾倒。
          大学卒業後、独学で理論を身につけながら各地で演奏活動を開始。

          2011年、単身で渡米しニューヨークにて様々なミュージシャンと共演。現地で演奏するなかで、彼らがもつトーンに魅せられ、自身も力感に溢れる音色を習得した

        • four o'clockセッション

          ナンブユウキ(鍵盤等,船頭)
          山口廣和(gt)
          小山田和正(dr,perc)

          日時:2020年08月17日(月) 開場:18:30 / 開始:19:15
          (都の要請により22:00閉店)

          料金
          投げ銭(最低金額¥1000〜)
          お通し+300円
          1ドリンク800円
          2ドリンク1000円
          5ドリンク2000円
          時節柄人数制限がございます。参加希望の方はお店かナンブまでご一報、ご予約頂けましたら幸いです。満員の場合はご入場いただけない場合がございます。
          ピアニスト ナンブユウキのリーダープロジェクトユニットfour o'clock
          今回は大活躍のドラマー 小山田和正に、ギターの鬼才山口廣和を迎えたトリオ編成でピグノウズに登場します!

          本イベントは2つの軸で構成します。

          ・ナンブユウキの独自の世界観を持つオリジナル曲による演奏/ジャム(譜面は出来るだけ用意します)
          ・一からその場で作曲とアレンジを譜面無しで行う実験的ジャム

          上記、最初はバンドで演奏、リードしますが、ご希望の方は演奏に参加可能です。ナンブがナビゲーションします。その場で都度ご相談ください。(今回、普通のスタンダード曲などはあえて演奏しない方針ですので、一応ご注意ください)

          ナンブが色々な事を度外視して好き勝手をやる場所を探している、というのに率先して声をかけてくれたピグノウズのおかげで、急遽催行する事になったこのイベント。

          ナンブユウキのサウンドイメージを反映するジャムセッション/ワークショップ的な一夜。
          新しいサウンドを探求する旅、そこで音が生まれる瞬間を、是非ご一緒致しましょう。

          出演者紹介:
          ナンブユウキ (鍵盤, 船頭)

          東京都在住のミュージシャン、ピアニスト

          ブラジル音楽、ロック、ポップ、ジャズ、R&Bやヒップホップ、電子音楽、即興、民族音楽などに取り組みながら、オリジナルを作曲し、ソロピアノやバンドで演奏。

          アコースティックピアノの演奏の他、ベーシストも兼ねた、キーボード/オルガン的スタイルでの演奏や、MPCなどのサンプラーを用いた演奏や楽曲制作も行っている。

          出身は宮城県。家族は仙台で歌声の店バラライカを営んでいる。

          リーダーユニット

          four o ‘clock(越野振人 小山田和正 他、自由編成)
          flowers(トオイダイスケ 平瀬祐人)
          Organ trio(石井信義 平瀬祐人)

          参加ユニット/バンド/共演等

          Good evening(David Whitaker)
          Jazz klaxon(渡辺智幸 アルバムFirst Klaxonに参加 ※2017 10/8 卒業)
          Soory aur Haath(渡部優美 )
          Tofu-mental(トーフ)
          Isla y mar(菅沼聖隆 渡部優美 トーフ)
          田中光(※アルバム Echo Chamberに参加)
          Political Sicence(鈴木りゅうた)
          Edogawa Echos (Samm Bennet トーフ 戸谷仁)

          webpage:http://blog.livedoor.jp/comadoriexpress/


          山口廣和 (ギター)

          Guitarist / Composer

          東京都出身(1981年10月生)

          15歳でギターをはじめ、次第にジャズに傾倒。
          大学卒業後、独学で理論を身につけながら各地で演奏活動を開始。

          2011年、単身で渡米しニューヨークにて様々なミュージシャンと共演。現地で演奏するなかで、彼らがもつトーンに魅せられ、自身も力感に溢れる音色を習得した

        • four o'clockセッション

          ナンブユウキ(鍵盤等,船頭)
          山口廣和(gt)
          小山田和正(dr,perc)

          日時:2020年08月17日(月) 開場:18:30 / 開始:19:15
          (都の要請により22:00閉店)

          料金
          投げ銭(最低金額¥1000〜)
          お通し+300円
          1ドリンク800円
          2ドリンク1000円
          5ドリンク2000円
          時節柄人数制限がございます。参加希望の方はお店かナンブまでご一報、ご予約頂けましたら幸いです。満員の場合はご入場いただけない場合がございます。
          ピアニスト ナンブユウキのリーダープロジェクトユニットfour o'clock
          今回は大活躍のドラマー 小山田和正に、ギターの鬼才山口廣和を迎えたトリオ編成でピグノウズに登場します!

          本イベントは2つの軸で構成します。

          ・ナンブユウキの独自の世界観を持つオリジナル曲による演奏/ジャム(譜面は出来るだけ用意します)
          ・一からその場で作曲とアレンジを譜面無しで行う実験的ジャム

          上記、最初はバンドで演奏、リードしますが、ご希望の方は演奏に参加可能です。ナンブがナビゲーションします。その場で都度ご相談ください。(今回、普通のスタンダード曲などはあえて演奏しない方針ですので、一応ご注意ください)

          ナンブが色々な事を度外視して好き勝手をやる場所を探している、というのに率先して声をかけてくれたピグノウズのおかげで、急遽催行する事になったこのイベント。

          ナンブユウキのサウンドイメージを反映するジャムセッション/ワークショップ的な一夜。
          新しいサウンドを探求する旅、そこで音が生まれる瞬間を、是非ご一緒致しましょう。

          出演者紹介:
          ナンブユウキ (鍵盤, 船頭)

          東京都在住のミュージシャン、ピアニスト

          ブラジル音楽、ロック、ポップ、ジャズ、R&Bやヒップホップ、電子音楽、即興、民族音楽などに取り組みながら、オリジナルを作曲し、ソロピアノやバンドで演奏。

          アコースティックピアノの演奏の他、ベーシストも兼ねた、キーボード/オルガン的スタイルでの演奏や、MPCなどのサンプラーを用いた演奏や楽曲制作も行っている。

          出身は宮城県。家族は仙台で歌声の店バラライカを営んでいる。

          リーダーユニット

          four o ‘clock(越野振人 小山田和正 他、自由編成)
          flowers(トオイダイスケ 平瀬祐人)
          Organ trio(石井信義 平瀬祐人)

          参加ユニット/バンド/共演等

          Good evening(David Whitaker)
          Jazz klaxon(渡辺智幸 アルバムFirst Klaxonに参加 ※2017 10/8 卒業)
          Soory aur Haath(渡部優美 )
          Tofu-mental(トーフ)
          Isla y mar(菅沼聖隆 渡部優美 トーフ)
          田中光(※アルバム Echo Chamberに参加)
          Political Sicence(鈴木りゅうた)
          Edogawa Echos (Samm Bennet トーフ 戸谷仁)

          webpage:http://blog.livedoor.jp/comadoriexpress/


          山口廣和 (ギター)

          Guitarist / Composer

          東京都出身(1981年10月生)

          15歳でギターをはじめ、次第にジャズに傾倒。
          大学卒業後、独学で理論を身につけながら各地で演奏活動を開始。

          2011年、単身で渡米しニューヨークにて様々なミュージシャンと共演。現地で演奏するなかで、彼らがもつトーンに魅せられ、自身も力感に溢れる音色を習得した